榊原康寛の海と経済

榊原康寛がブルーエコノミーについて説明するブログ

榊原康寛の海洋問題についての取り組み

独自の立法、政策、計画が進行中の英国で確立された海洋空間計画(MSP)の概念により、この論文では、海洋環境の社会的再構築に関連する幅広い討論の一部としてMSPを批判的に再検討しています。ピールアンドロイドの2004年の影響力のある論文。我々は、彼らが特定した「海洋問題」が残っており、実際に悪化していることを提案する。私たちは、海洋問題の解決策を社会が(再)構築する方法を正と負の両方で変えた海洋環境のガバナンスに大きな変化があったことを確認します。ハニガン(1995年)の社会建設主義の枠組みを再考し、過去15年間に海洋問題がどのように激化してきたか、そして海洋問題がいかに広く一般の注目を集めたかを概観することにより、前提条件が満たされている度合いを示します。次に、英国全体の現在の海洋計画の取り決めを検討することにより、海洋問題への対応がどのように進展したかを調べます。結論として、MSPの時代は明確であり、海洋環境の社会的再構築の方法を積極的に変えた英国でのMSPの正式な導入で最高潮に達したと述べています。 whitherははるかに不明確です。絶えず急速に変化する変化の議題により、海洋問題が社会的に再建されたと言うには、まだまだすべきことがたくさんあります。