榊原康寛の海と経済

榊原康寛がブルーエコノミーについて説明するブログ

グローバルで排他的なものからローカルで人間的な規模まで

データ農業はローカルです。データファームは重要ではないように見えるかもしれませんが、マクロ経済はミクロ経済の融合であることに注意する必要があるかもしれません。1本の木がただの木であり、花がただ花であるように、いくつかの木、茂み、コケ、草は、フィードバックループ乗数効果のおかげで、生物多様性を継続的に豊かにする、回復力のある効率的な生態系に進化します。農民が共同で材料を購入し、収穫を処理し、一緒に販売するための協同組合やコミュニティを作ったように、より良い収入を得て交渉力を強化することを目指して、私たちはデータで同じことができることを一度に認識します。
 
並列ロジックは強力です。貧民街でも、すべての家に光があります。各ライトは、これまでにないほどエネルギーを節約する最も効率的なLEDであり、データの処理と送信を可能にするチップを備えている必要があります。このテクノロジーは現在利用可能です。ただし、テクノロジーはゲームチェンジャーではありません。テクノロジークラスターを展開するビジネスモデルは、現実を変革することを可能にする真のフレームワークです。
 
電話からタブレットビデオゲームツールボックス、家庭用テレビまで、各デバイスは、ライトネットワークを介して自宅の中央サーバーに接続したり、友好的な隣人と接続したりできます。今日のラップトップコンピュータには、その役割を担うのに十分な能力があります。これは、既存の電波を使用せずに、地下室や屋根裏部屋にある小さなサーバーの集合的なパッチワークにすぐに成長する可能性があります。代わりに、すべての家とすべての部屋を通る既存の銅ケーブルを使用できます。後で、時間が熟すと、これらは光ファイバーで補完され、接続されたライト、ラップトップ、およびLAN(ローカルエリアネットワーク)のパッチワークに拡張できます。
 
はっきりさせておきましょう。私たちは電波に反対していません!私たちは、高速性とボリューム、インターネットの民主化と包括性、データファーミングからの収益の共有、特に私たち自身のデータの管理、および関連する収益への参加に賛成です。私たちは、情報を相互に関連する有用な一連の事実にまとめ、持続可能な、創造的、健康的、さらに幸せに生きる方法、そして奉仕する方法、回復力を構築し、公益を強化する方法をよりよく理解できるようにしたいと考えています。これはロマンチックな見方ではなく、実行が簡単なためにすぐに実現できるビジョンです。一度に1つのデータファームです。