榊原康寛の海と経済

榊原康寛がブルーエコノミーについて説明するブログ

榊原康寛が視察したモロッコのブルーエコノミー

ロッコはラバトでの最近の会議で、国の水産養殖の発展を支援するために、FAOの政府高官、産業界、学界の代表、および養殖オフィサーを集めました。

ロッコは、3つの500キロメートルの海岸線(地中海沿岸で500 km、大西洋で3,000 km)を擁し、海洋漁業の強い伝統を持っています。国の漁業生産量は2014年に130万トンに達し、アフリカで最大の海洋漁業生産国であり、世界で25番目の位置にあります。

漁業はGDPに2.3%貢献しており、セクターは17万人の漁民の直接雇用と、さらに50万人の間接雇用を生み出しています。モロッコでは300万人が生計を漁業に依存していると推定されています。

ロッコの水産養殖が現在浮上しているのは、この文脈の中でです。 1950年代には一部の養殖業が導入され(スズキ、鯛、エビ)、1980年代に大幅な成長を遂げました。しかし、2009年にモロッコ向けの新しい国家漁業計画Halieutisが立ち上げられたことで、持続可能な漁業への継続的な取り組みに加えて、水産養殖の大幅な成長への準備が盛り込まれ、このセクターに新たな勢いが生まれました。政府はその野心をサポートするために、2年後に専門化された国家養殖開発庁を設立しました。

FAOは、モロッコの農業海洋漁業省とその養殖開発庁と協力して、最初の数年間の運営における新しい国家機関の成果を評価し、今後の方法を特定することにより、国が野心的な目標を達成できるよう支援しています。

ラバトワークショップの冒頭で、FAOのモロッコ代表、マイケルヘイジは、FAOとモロッコの間のこのコラボレーションを歓迎し、増加する人口のための食糧と栄養の安全確保を達成する上での漁業と養殖の重要な役割に注目しました。 「魚の需要は急速に高まっています。モロッコは重要な魚生産国であり、その生産量は100万トンを超えますが、需要の増加に伴う環境への影響に注意する必要があります。水産養殖は解決策となり得ます。モロッコは水産養殖部門での地位を確立するのに十分な場所にあると私たちは信じています。 2009年に発足したHalieutis戦略と2011年の国立養殖開発庁の設立は、繁栄している養殖セクターを開発するという確固たる政治的意思を反映しています。国立養殖開発庁は、モロッコの漁業と養殖セクターを際立たせる原動力となる準備ができています。」

ミッションとワークショップの3日間で、モロッコの国家レベルと地域レベルの両方で、特に国立養殖振興庁によってマップされた5つの養殖開発ゾーンについて、多くの領域が検討されてきました。計画プロセス、利害関係者への支援、技術、市場と経済の側面、環境保護と気候変動、社会的側面と法的側面などの問題。

FAOの水産養殖部門の水産養殖部門を率いるMalcolm Beveridgeは、飢餓の撲滅に貢献し、持続可能な生産を増やし、農村の貧困をなくし、より包括的で効率的な食糧を可能にし、農業システム、生計の回復力を高めながら、それがどのように仕事に役立つかを説明しました。 「モロッコの水産養殖は、経済的、社会的、環境的に持続可能な方法ですべての人々の生活水準、特に最も貧しい人々の生活水準の向上に貢献する強力な可能性を秘めているセクターであり、現在モロッコと提携している仕事はこれを確実にしてください。」

FAOの水産養殖局の上級顧問であるLahsen Ababouch氏は、モロッコでの養殖の潜在的な可能性が非常に高く、投資家を引き付けるための環境を整える必要があることを確認しています。