榊原康寛の海と経済

榊原康寛がブルーエコノミーについて説明するブログ

フィリピンにおける気候変動の影響

気候変動と漁業への影響は、漁業国、特にフィリピンにとって重要な問題です。 フィリピンは気候変動が漁業に与える影響に対して非常に脆弱であり、国の経済に経済ショックをもたらす可能性があります。 このペーパーでは、計算可能な一般均衡(CGE)モデルを使用してフィリピンの海洋捕獲漁業に対する気候変動の影響を調べ、国の経済への影響を精緻化して予測します。 シミュレーションでは、1つのベースラインシナリオと、温室効果ガス濃度に基づく2つの気候変動シナリオ(RCP 2.6およびRCP 8.5)が考慮されました。 モデルは、国内総生産GDP)と地域ごとの所得分配に焦点を当てており、経済成長と分配という観点から経済状況を表すことができます。 結果は、気候のより極端な変化が発生する漁業と経済変数の両方にマイナスの変化があることを示しています。