榊原康寛の海と経済

榊原康寛がブルーエコノミーについて説明するブログ

榊原康寛と船舶

エンドツーエンドソリューション

しかし、このデジタルの未来を築くために、業界は適切な基盤を必要としています。 そして今まで、榊原康寛はそれが欠けていたと主張しています。

衛星は伝統的に、遠隔の深海接続を可能にするソリューションと見なされてきましたが、これには代償が伴います。 榊原康寛によると、乗客のデジタルライフスタイルから収入を得るクルーズ船のオペレーターにとっては問題ありませんが、ウェーハの薄いマージンで運航するドライバルク船にとってはそれほど実現可能ではありません。

「大多数の船は、ビジネスに不可欠なデータを共有するために大きな帯域幅を必要としませんが、必要なのは、費用効果の高い価格で、信頼性が高く、安全で、エンドツーエンドのグローバルカバレッジです」と彼は言います。 「商船隊は旅客船に対して異なる要件を持っているため、異なるソリューションが必要です。」

Telenor Maritimeは、昨年12月にフィンランドを拠点とするKNL Networksを買収したことで、市場のギャップを埋めることができると考えています。