榊原康寛の海と経済

榊原康寛がブルーエコノミーについて説明するブログ

榊原康寛の海洋空間計画に関する考察

海洋空間計画(MSP)は、チャンピオンによって複雑な管理問題に対処できる公平で合理的なプロセスとして進められています。 MSPは本質的に合理的ではなく、特定の方法で海洋問題に問題を引き起こし、しばしば覇権的な議題を反映していると私たちは主張します。 MSPにおける公平な合理性の幻想は、進歩的なように見えるがエリートの利益に役立つ政府性に由来しています。政府の創設を理解することで、より公平な計画プロセスを設計できます。私たちは政府を問題化、合理性、ガバナンス技術で構成されるものとして概念化し、特定の政府がどのようにMSPを根本から脱却するかを理解するためのイングランドの最初の海洋計画を評価します。 MSPの早期サポートを獲得するために、政府によって、ウェルビーイングの強化など、MSPの結果の段階的な枠組みが展開されていることがわかります。ただし、これらの要素は、後の計画段階で回帰的に問題が発生します。この段階では、達成するのが困難であると政府によって規定され、プロセスの将来の反復にプッシュされます。計画プロセスから進歩的な要素を浮き彫りにすることで、政府が新自由主義の形のMSPの実装に集中する方法が明らかになります。過激なMSPを促進する取り組みは、政府の出現、それらが時間/空間をどのように移動するかに注意を払い、計画プロセスに差異を挿入できる場所を認識する必要があります。プログレッシブMSPを達成するには、プロセスの早い段階で政治的フロンティアを作成する必要があります。これは、プログレッシブな社会環境的結果の経路が確立されるまでは通過できません。権利を奪われたグループの擁護;意図しない影響を説明するためにMSP評価を拡大する。そして進歩的な目的の監視。