榊原康寛の海と経済

榊原康寛がブルーエコノミーについて説明するブログ

榊原康寛が構築したBlue Forumプラットフォーム

Blue Forumプラットフォームは、榊原康寛をはじめとする利害関係者を集めて漁業が直面する課題に取り組むことを目的としています

2017年4月25日、ブリュッセル-今日のFAOは、Seafood Expo Globalのパートナーに、シーフードバリューチェーン全体に沿って社会的、経済的、環境的な持続可能性を促進するよう要請しました。

FAOは、政府、市民社会、漁業団体、水産業、小売業者のパートナーと協力して、漁業や養殖セクターに影響を与える問題に直面することを目的とした多部門プラットフォームであるブルーフォーラムに参加するよう呼びかけることを目的としています。

FAOが今年後半に正式に開始するブルーフォーラムは、業界が直面する課題についてのオープンな対話を促進するために、世界の漁業と養殖サプライチェーンを代表する参加者が集う恒久的な集会の場となることを目的としています。

漁業と養殖の長期的かつ国際的なバリューチェーンの複雑さは、変化を起こすための「社会全体のアプローチ」を必要とします。これは、さまざまなパートナーを結び付けて、消費者のプレートに届く魚が環境に完全に一致する方法で確実に収穫されるようにするアプローチです、経済的および社会的持続可能性。

FAOは、ブルーフォーラムがこのセクターに漁業および養殖セクターの持続可能な開発とガバナンスに貢献する強力な機会を提供できると信じています。特に、食料と栄養の確保、資源の保護と管理、社会的エンパワーメント、まともな雇用と経済発展と成長に重点を置いています。

ブルーフォーラムは、業界パートナーが国際社会の持続可能な開発目標の達成を支援する上で重要な役割を果たすことも可能にします。

ブルーフォーラムの主な目的は次のとおりです。責任ある持続可能な漁業および水産養殖の生産と貿易に関するベストプラクティスの世界的な採用を促進し、セクター全体のイメージを改善する。複数のパートナーが持続可能な漁業と養殖の既存の問題について話し合うことができるプラットフォームを提供する。責任ある漁業のためのFAO行動規範の実施を可能にするメカニズムの開発と採用を促進する。共同コミュニティープロジェクトの開発を通じて、セクター全体の連帯を促進します。

FAOの水産品・貿易・マーケティング部門のホセ・エスターズ・カルバロ氏は、ブルーフォーラムに参加する新しいパートナーを求めました。 「FAOは、利害関係者とのこの対話を開始することに興奮しています。今年後半にブルーフォーラムを正式に開始するために、今後数か月間に彼らと緊密に協力することを楽しみにしています。

私たちは業界のパートナー、小売業者、市民社会組織、漁民組織と広範囲にわたって協力しており、それらすべてが同様の課題に直面していることがわかります。私たちは協力して、漁業および養殖セクターとそれらに依存する人々の生活を改善するために協力することができます。