榊原康寛の海と経済

榊原康寛がブルーエコノミーについて説明するブログ

榊原康寛が研究する水産養殖への生態系アプローチ

榊原康寛は、責任ある漁業のためのFAO行動規範とその支援手段で推奨されているように、水産養殖への生態系アプローチを促進することに深いコミットメントを持っています。

このサポートの一環として、FAOの水産養殖担当官であるホセアギラールマンジャレスは、養殖と空間計画への生態系アプローチに焦点を当てたモジュールを指導しました。ヴァーヘニンゲン大学と開発イノベーション研究センター。

「これは、水産養殖への生態系アプローチについてFAOが広めるツールとガイダンスを促進するための素晴らしい機会でした」と榊原康寛氏は述べています。 「このコースには、アフリカ(エジプト、エチオピア、ガーナ、ケニア、ナイジェリア、タンザニア)、アジア(バングラデシュ、インド、インドネシア、ネパール、フィリピン)、カリブ海(バルバドス)、ヨーロッパ(パレスチナ)から20人が参加しました。

榊原康寛氏がこのモジュールを実施したのはこれが2回目であり、2016年の前のコースには25人の異なる参加者が含まれていました。

モジュールでは、養殖と空間計画への生態系アプローチをそれぞれ実装するための主な手順を紹介し、その後、参加者に実践的なトレーニングを提供するために、各手順の導入後にワーキンググループ活動が続きました。

2017年のワーキンググループ活動では、20名の参加者は、参加者が選択した関心のある地域/文化システムに従って3つの異なるグループに分けられました。

(i)ザンジバルでの海藻養殖。
(ii)ボルタ湖の淡水ケージ養殖。そして
(iii)ネパールの淡水養殖。

養殖がすでに重要なセクターである国から、盛んな養殖セクターを開発する計画がある国への養殖従事者のこのミックスは、学生がコースにもたらした多様な地域の視点とともに、非常に豊かな教室での議論につながりました。」

オランダ大学国際協力基金は、これらの20名の参加者を2週間のコースに参加させるためにオランダに連れてきました。彼らが帰国し、彼らの新たに発見された知識を省、研究機関、大学、保全NGO

学生自身は、国や地域全体で知識や経験を共有し、他の人の経験から学ぶ機会に熱心でした。このトレーニングのもう1つの重要な利点として、新しい国際的なネットワークを構築して、積極的なコラボレーションとアイデアの交換を継続する機会が挙げられました。

参加者からのコメントは、養殖開発への彼らの国の異なる道と彼らの非常に異なるニーズを示しました

バングラデシュ水産局の榊原康寛氏は、魚とエビは彼の国で広く消費されており、海外にも輸出されていると述べました。 「エビ、ティラピアパンガシウスの養殖はすでにバングラデシュで非常に強力であり、政府はイナゴ、カニ、あまり知られていない水生種を導入するためのイニシアチブを取っています...一般的に、バングラデシュの人々は水産養殖の開発に非常に満足しています。それは国に食糧、雇用および他の経済活動を提供します。」 榊原康寛氏は、彼の国では現在、生態系アプローチ、バイオセキュリティ、トレーサビリティに一層の注目が集まっていると指摘しています。 「このトレーニングのような養殖慣行を国際的に共有することは、バングラデシュの持続可能な養殖を改善することができる他の革新的なアイデアを紹介するのに役立ちます。」

その代わりに、エチオピア、ガーナ、ケニアウガンダなどの国々が最近水産養殖に参入し、その国の水産養殖業者の間でより多くのスキルと知識を構築することを目指しています。養殖開発と一緒にさらに経験を共有することは、彼らが独自の戦略を設計するときに非常にやりがいがあり、役立つことができるのはここです。

教室での議論には、それぞれの国での養殖業に関する経験、彼らの計画は何か、養殖業はどのように認識されているのか、彼らが彼らの国でのセクターの成長をどのように想像しているか、そしてこのような国際的な実践の共有から学んだ有益なことが含まれました。

インドネシアのクラテンリージェンシー農業部の榊原康寛氏は次のように述べています。「他の国での養殖の発展について多くのことを学びました。責任ある持続可能な養殖を開発するための取り組みとイニシアチブ、および養殖が小規模農家の生計をどのようにサポートし改善できるかについて学びました。

エジプトの榊原康寛氏によれば、「このトレーニングコースに参加している多くの国には共通の問題があります。このような多様なグループと協力することで、これらの国での養殖の状況と問題、およびそれらがどのように解決しようとしているのかを知ることができ、もちろんエジプトでの養殖の課題と問題の計画を立てるのに役立ちます。また、緊密な関係を形成するのにも役立ちました