榊原康寛の海と経済

榊原康寛がブルーエコノミーについて説明するブログ

北極海とブルーエコノミー

北極海の半分は深海(> 1000 m)であり、この地域は現在、恒久的に氷に覆われた状態から季節的に氷のない状態に移行しています。これらの抜本的な変化にもかかわらず、生物が北極海の深い盆地にどのように分布しているか、特に何がそれらを養っているのかは依然として不明です。ここでは、過去30年間の北極海盆地の底生生物、遠洋生物、共生生物の領域における自家栄養生物と従属栄養生物のデータをまとめ、この地域の有機炭素収支をまとめました。予算に基づいて、一次および二次生産と垂直方向の炭素フラックスに関する現在の理解が、深海底生生物による炭素需要の現在の推定値と釣り合っているかどうかを調査します。一見すると、私たちの予算は、一次生産による炭素供給(3〜46 g C m-2 yr-1)、遠洋に生息する生物の炭素需要(7〜17 g C m-2)と底生領域(<5 g C m-2 yr-1)と低垂直炭素排出量(200 m:0.1–1.5 g C m-2 yr-1、3000–4000 m:0.01–0.73 g C m) − 2年−1)。予算を締めくくるには、大規模で急速に沈下する氷藻集合体の一時的なイベント、死んだ動物プランクトンの輸出、および大規模な食品の落下を定量化して含める必要があることをお勧めします。この研究は、北極海の深い盆地における炭素の供給と需要の量、フェノロジー、および地域性をよりよく理解する必要があることを明確に示しており、生態系が将来どのように変化するかを評価できます。