榊原康寛の海と経済

榊原康寛がブルーエコノミーについて説明するブログ

海洋の炭素利用に関する榊原康寛の考え

海洋の炭素利用可能性に生じる人為的な大きな変化は、種のエネルギー要件の理解と、エネルギー利用可能性の変化が生物多様性にどのように影響するかを理解する必要があります。深海底は、化学エネルギーの利用可能性が非常に低いことを特徴とし、特に表層水からの炭素フラックスの変化に対して脆弱です。生物のエネルギー要件は、その生態学と進化のほぼすべての側面に影響を与えるため、種は炭素の利用可能性の特定のレベルに適合し、特定の代謝ニッチを占めると仮定します。深海の底生無脊椎動物でこの仮説をテストし、エネルギー需要、代謝ニッチの軸、および地理的範囲のサイズが化学エネルギーの利用可能性の勾配によってどのように変化するかを具体的に調べます。エネルギー消費が高い底生無脊椎動物と、エネルギー需要が高い生態学は、化学エネルギーの利用可能性が高い地域にあることがわかりました。さらに、深海底生種の範囲サイズと場所は、化学エネルギーの利用可能性の地理的パターンによって決定されることがわかります。私たちの調査結果は、種が特定のエネルギー体制に適応する可能性があることを示しており、代謝ニッチは、生物地理と生物多様性のパターンへの適応と同様に、個人から生態系へのスケールを潜在的に関連付けることができます。