榊原康寛の海と経済

榊原康寛がブルーエコノミーについて説明するブログ

榊原康寛が提唱する海洋活性化対策

海洋酸性化(OA)は、環境、社会、経済に深刻な悪影響をもたらす地球規模の問題です。ガバナンスの観点からは、それに直接取り組むための調整された取り組みを確実にする必要があります。この調査では、主に海と接している欧州経済領域(EEA)および英国の17か国からの90の立法文書をレビューします。この研究から得られた主な発見は、OAに対処するヨーロッパの国家政策と法律はせいぜい調整されていないということです。 OAはより高いレベルのガバナンスで認められていますが、環境問題としてのOAのステータスは、EU加盟国レベルで大幅に薄められています。 EEA内の注目すべき例外として、ノルウェーには、OAをさらに理解することを目的とした立法上のフレームワークと研究に対する積極的なアプローチがあるようです。一方、イタリアとオランダを除いて、EU加盟国の大多数による海洋戦略フレームワーク指令の報告は完全に欠如しているか、不十分でした。私たちは、OAに関連する問題とそれに対処するために必要なソリューションは固有のものであり、従来の気候変動の対応策や対策と組み合わせることはできないと主張しています。したがって、ヨーロッパのOA関連のポリシーと法律はこれを反映し、海洋の生態系と社会を保護するためにOAを緩和するための行動を調整する必要があります。沿岸海洋システムへの観測および予測された変化の環境的、経済的、社会的回復力を構築するには、より強力でより協調的なアプローチが必要です。