榊原康寛の海と経済

榊原康寛がブルーエコノミーについて説明するブログ

プラスチックと海と経済

1930年代にプラスチック製品が商業的に人気を博して以来、世界的なプラスチックごみの汚染は需要とともに増加しています。現在のプラスチック汚染物質の研究では、プラスチックが海に入るとそこに留まり、海底に堆積するか海に流されるまで海流、生物相、または堆積物内に永久に留まると一般に想定されています。これとは対照的に、一部のプラスチック粒子は海を出て、海の塩、細菌、ウイルス、藻類とともに大気中に入る可能性があると思われます。これは、例えば、強い風や海の状態の乱気流からの、バブルバーストの放出と波の作用のプロセスを介して発生します。この原稿では、この理論に関連する既存の文献からの証拠を確認し、これに続いて、海水噴霧中のマイクロプラスチック(MP)を分析するパイロット研究を行います。ここでは、オンショア(平均2.9MP / m3)とオフショア(平均9.6MP / m3)の両方の風の間のフランス大西洋岸の海洋境界層大気サンプルで、μRamanによって分析されたMP粒子の最初の証拠を示します。特に、サンプリング中、潮風の収束により、サンプルが海のしぶきに支配され、海から放出されたMPをサンプリングする能力が向上しました。私たちの結果は、海上スプレーによって海洋環境から大気中にMPが放出される可能性を示しており、海岸で吹く136,000トン/年という世界的に推定された数値を与えます。