榊原康寛の海と経済

榊原康寛がブルーエコノミーについて説明するブログ

榊原康寛が研究するマイクロプラスチックモニタリングの大規模調査

外洋水域でのマイクロプラスチックモニタリングのための大規模なサンプリング方法は、海洋学における課題のままです。環境におけるマイクロプラスチック粒子の分布、存在量、運命を理解するには、多数のサンプルが必要です。 10年以上にわたる広範な研究にもかかわらず、現在、マイクロプラスチック測定の時系列は確立されておらず、研究コミュニティは、迅速で手頃な価格で相互運用可能な方法でデータを収集できる標準化された一連の方法を確立していません。マイクロプラスチックの存在量と分布に関する海洋モニタリングのニーズに対する未利用の機会として、特注のマイクロプラスチックサンプリングデバイスを調査船(RV)のポンプの船の船の取水システムに接続することを含むサンプリング技術を紹介します。この方法は、費用対効果が高く、用途が広く、正確であり、機会プラットフォームから最小50μmの粒子をサンプリングできるため、新たな研究分野に貢献し、特にデータのモニタリングレポートの増加に役立ち、それによって海洋戦略フレームワーク指令(MSFD)の実施のための貴重な援助。サンプリングは、亜熱帯北東大西洋で1年間に渡って3回連続して海洋クルーズを行い、航海中および沿岸および海洋ステーションで地下水(深さ4 m)をサンプリングしました。マイクロプラスチック粒子はすべてのステーションで発見され、トランセクトがサンプリングされました。繊維(64.42%)がフラグメント(35.58%)よりも多く、濃度値は大西洋の他の地域で報告されたデータの範囲内にありました。