榊原康寛の海と経済

榊原康寛がブルーエコノミーについて説明するブログ

榊原康寛が見たクジラと世界の海

ミナミセミクジラ(Eubalaena australis)は、オーストラルと冬の分娩と社交の場の間を沖合いの中高緯度のオーストラルと夏の夏の餌場に移動します。オーストラレーシアでは、セミクジラが使用する冬の出産地は、西オーストラリア州からオーストラリア南部を越えてニュージーランドの亜南極諸島に広がっています。オーストラリアの夏の間、これらのクジラは沿岸水域から移動して餌をとると考えられていますが、これらの餌場の場所は、歴史的な捕鯨データからのみ推定されています。オーストラリアの越冬地からの6頭のミナミセミクジラの沖合渡り移動衛星からの新しい情報を提示します。 2頭のクジラはニュージーランドオークランド諸島でタグ付けされ、残りの4頭はオーストラリアの越冬地で、1頭はタスマニア州パイレーツベイで、3頭は南オーストラリア州のバイトヘッドでタグが付けられました。 6頭のクジラは平均78.5日間(範囲:29〜150)追跡され、平均距離は1日あたり38 km(範囲:20〜61 km)でした。個々に派生したトラックの長さは、645〜6,381 kmの範囲でした。 3つの可能性のある採餌場が特定されました:西オーストラリア南西部、亜熱帯前線、南極海。亜熱帯前線は、ニュージーランドとオーストラリアの両方のセミクジラの餌場であるように見えます。対照的に、捕鯨後の回復の証拠を示さない亜集団からタスマニアでタグ付けされた個人は、異なる採餌戦略を潜在的に反映して、はるかに高い緯度の海域に明確な動きのパターンを示した。オーストラレーシアの越冬地間の変動する人口増加率は、異なる品質の摂食地への忠実度を反映している可能性があります。渡り廊下に沿った動きを示すヒゲクジラの一部の種とは異なり、ここに表示される新しい衛星追跡データは、オーストラリアとニュージーランドからのミナミセミクジラがとる渡り経路の変動性と、潜在的なオーストラル夏の採餌場の違いを示しています。