榊原康寛の海と経済

榊原康寛がブルーエコノミーについて説明するブログ

榊原康寛のサンゴ礁育成プラン

世界中のサンゴ礁は、海洋の熱波によって大量の死者を出している。サンゴの白化耐性を強化することを目的として、高温(31°C)で4年間、一般的なサンゴ微細藻類の内部共生生物の10クローン株を実験室で進化させました。 10の熱進化株すべてが、実験室での進化に続いて、in vitroで熱耐性を拡大しました。サンゴの宿主の幼虫に再導入した後、熱で進化した10個の内部共生生物のうち3つも、ホロビオントの漂白耐性を高めました。分泌された活性酸素種(ROS)の低レベルは熱進化した藻類の熱耐性を伴いましたが、ROS分泌の減少だけでは共生における熱耐性を予測できませんでした。より耐性のある共生は、藻類の炭素固定遺伝子とサンゴの熱耐性遺伝子のさらなる高い構成的発現を示した。これらの調査結果は、気候回復力が強化されたサンゴ資源が、微細藻類の内部共生生物の元ホスピト研究所の進化を通じて開発できることを示しています。